銀行の融資審査は厳しい

同じキャッシングでも消費者金融よりも銀行は審査が厳しいと言われています。
審査が厳しいと借りる上で不利になりますが、厳しいからこそのメリットもあるのです。
銀行が低金利で融資できる理由は、審査を厳格にして優良客をターゲットにしているからです。

審査を甘くしてしまうと、返済能力の低い方も融資ターゲットにすることになります。
つまりは金融機関側の回収率が低下するので、そこをカバーするために金利を高くするしかないのです。
消費者金融は銀行よりも審査が甘いですが、金利は高めに設定されているでしょう。

消費者金融の審査を見ても、昔より今のほうが厳しくなっています。
この理由は利息制限法によって年率の上限が20.0%となり、昔よりも大幅な低金利での融資を余儀なくされたからです。
金利を引き下げた分だけ回収率を高める必要があり、審査が厳しくなったわけです。

昔と比べて借りるのが難しくなった消費者金融ですが、依然として銀行のほうが厳しい傾向があります。

ただし、最終的に融資審査は金融機関の独自基準により設定されるので、すべての銀行が厳しいわけではありません。
消費者金融3社に申し込んでダメで、その後に申し込んだ銀行で一発通過というケースもあるのです。

銀行は審査が厳しいという理由で避けず、最初は銀行から借りることを考えてみましょう。
もし借入ができれば低金利の分だけ利息が減ってお得なのです。
特に借入が大きくなる場合は、銀行から借りるメリットが大きくなります。

逆に少額を今すぐ借りたいという状況なら、消費者金融を利用するのがよいでしょう。
5万円、10万円くらいの金額ならば、金利が多少高くても利息にはあまり影響しません。
利息は借入額・返済期間によって大きく変わるので、少ししか借入しない場合はそれほど大きな差とはなりません。
少額の借入だと必然的に短期返済が可能ですから、利息を抑えられるというわけです。

銀行・消費者金融を問わずに、キャッシングやカードローンの利息は日割り計算となります。
銀行でも条件さえ満たせば、今すぐお金借りることも可能です。

更新履歴